ソーフェイス 成分

ソーフェイスを楽天で買う前に要チェック!※50%オフはココ!

MENU

ソーフェイスの成分とその危険性について知ろう!

ソーフェイスの成分

ソーフェイスは、ただ体に塗るだけなのに引き締め効果があるという画期的な商品ですが、一体どんな成分が使われているから体が引き締まるのでしょうか?運動などをしない方法でのボディメイク、そんなソーフェイスの成分ってちょっと気になりますよね。

 

また、ソーフェイスの成分が安全かどうかも確認しておきたいものですね。ここでは、ソーフェイスについての全成分から注目成分や安全性について確認してみました。

 

ソーフェイスのジェルとローションの全成分

ソーフェイスにはジェルとローションの2つの用意があります。それぞれの全成分を見てみましょう。

ソーフェイスジェル

水、グリセリン、コメヌカロウ、コカミドプロピルベタイン、DPG、エタノール、パパイン、プロテアーゼ、リパーゼ、グルコノバクター/ハチミツ発酵液、バチルス発酵物、乳酸桿菌/セイヨウナシ果汁発酵液、乳酸桿菌/ブドウ果汁発酵液、イチョウ葉エキス、クダモノトケイソウ果実エキス、チャ葉エキス、アルニカ花エキス、ヒバマタエキス、ブッチャーブルーム根エキス、トウガラシ果実エキス、ヨーロッパシラカバ樹皮エキス、ショウガ根茎エキス、レモングラス葉/茎エキス、セイヨウトチノキ種子エキス、オタネニンジン根エキス、ゴマ油、プルケネチアボルビリス種子油、ホホバ種子油、ペルシアグルミ種子油、ヒマワリ種子油、グレープフルーツ果皮油、水溶性コラーゲン、ヒアルロン酸Na、水添レシチン、オルニチン、プロパンジオール、フィトステロールズ、アルギニン、カオリン、リン脂質、セラミド5、セラミドNG、セラミドNP、セラミドAP、セラミドEOP、糖脂質、アニス酸Na、レブリン酸Na、トコフェロール、スブチリシン、マルトデキストリン、ブロメライン、マンニトール、ペンチレングリコール、カルボマー、リン酸、水酸化K、リン酸Na、香料、PG、BG、フェノキシエタノール、メチルパラベン

ソーフェイスローション

水、エタノール、グリセリン、イソノナン酸イソノニル、DPG、(アクリル酸ヒドロキシエチル/アクリロイルジメチルタウリンNa)コポリマー、クダモノトケイソウ果実エキス、アルニカ花エキス、サンショウモドキ種子エキス、イチョウ葉エキス、チャ葉エキス、ヒバマタエキス、ブッチャーブルーム根エキス、ヨーロッパシラカバ樹皮エキス、ショウガ根茎エキス、トウガラシ果実エキス、プルケネチアボルビリス種子油、レモングラス葉/茎エキス、セイヨウトチノキ種子エキス、オタネニンジン根エキス、ゴマ油、ペルシアグルミ種子油、グレープフルーツ果皮油、ホホバ種子油、ヒマワリ種子油、ヒアルロン酸Na、水溶性コラーゲン、スクワラン、フィトステロールズ、水添レシチン、プロパンジオールオルニチン、アルギニン、リン脂質、カオリン、セラミドNG、セラミド5、セラミドAP、セラミドNP、セラミドEOP、ブリン酸Na、糖脂質、レアニス酸Na、トコフェロール、(HDI/トリメチロールヘキシルラクトン)クロスポリマー、シリカ、クエン酸Na、クエン酸、メントール、ポリソルベート60、香料、フェノキシエタノール

ソーフェイスロの注目成分

上記の成分の中で一番の注目成分は「ピンクペッパースリム」と呼ばれる成分です。この成分は脂肪燃焼を促進させたり脂肪増加を抑える働きがあるのでとても肌の引き締めには効果が高いのです。

ソーフェイスロの成分の安全性について

では、こちらの安全性については確保されているのかというと、基本的には副作用の出にくい成分ばかりですが、香料などが少し入っているので敏感肌の方は注意が必要かもしれません。

 

また、食物由来成分も多いので、アレルギー体質の方は自分のアレルギーに反応しそうな成分がないか確認してから購入しましょう。

 

>>ソーフェイス(Sofaith)の最安値はコチラ